スーツ

海外ドラママニアクス

ドラマ、スーツ(SUITS)をみたので感想。出演者、トリビアなど。

読了までの目安時間:約 4分

SUITS (スーツ)まとめ

ニューヨーク マンハッタンの大手法律事務所、ピアソン・ハードマン法律事務所所属の敏腕弁護士、ハーヴィー・スペクター。冷静で、自分に自信画ありとっても高慢、部下を持つことも嫌がる。 敏腕クローザーとして一目置かれる一方、周りとの衝突も多い。

スポンサードリンク


 

所長のジェシカはハーヴィーの高慢さや態度を見るに見かねて、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じた。ハーヴィーは抵抗したが、昇進したいために仕方なく面接を始めた。そんなところにたまたま飛び込んできたのがロースクールにみも行ったことがないが、一度見たもの、覚えたものは忘れないという脅威の記憶力を持つ天才青年のマイク・ロス。弁護士志望だったのだが、悪友トレヴァーのせいで大学を中退となり夢を断たれた。

 

生計を立てるためと、自分を育ててくれた祖母の医療費支払いをするためなど学力不足のロースクール志望者たちの替え玉受験を引き受けて生活していたのだが、ハーヴィーとの偶然の出会いが人生を変える。

 

ピアソン・ハードマン法律事務所はハーバード大学のロースクール出身しか雇わないことになっているが、マイクにはその学歴がないのでそれはハーヴィーとの秘密にしている。ハーヴィーは高慢だがマイクとの出会いによって少しずつ面倒見のいい親分的な性格に変わっていっているような感じで、ただの敏腕弁護士の話ではなくヒューマンドラマのようなテイストも入っている気がする。

 

ハーヴィーとは性格も物事に対するアプローチも違うが、マイクが弁護士としてはゼロから困難を乗り越えてどのように成長していくのか、ハーヴィーとのコンビがどのように化学変化を起こして案件を片付けていくのか観ていておもしろい。

 

スーツ出演者やトリビア

ガブリエル・マクト : ハーヴィー・スペクター役

代表作 : 「SUITS」自体が初めての主演作で代表作でもある。テレビドラマではビバリーヒルズ青春白書、スピン・シティやセックス・アンド・ザ・シティーなど人気ドラマの数々にゲスト出演している。

トリビア: 両親共にユダヤ系で、父親が俳優のスティーブン・マクト。

ガブリエルは8歳で芸能界入りし数々の映画やテレビドラマに出演している。プライベートでは2004年に女優のジャシンダ・バレットと結婚し、娘が一人いる。

 

パトリック・J・アダムス : マイク・ロス役

代表作 : 数々の映画やドラマに出てきているがガブリエル同様、この「SUITS」が初めての主演、代表作となる。 テレビドラマではLOST、NCIS~ネイビー犯罪捜査班、ライ・トゥー・ミー 嘘は真実を語るなどにテストで出演。

トリビア : カナダ、オンタリオ州トロント出身のカナダ人。19歳でトロントからアメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスに移り、南カリフォルニア大学で演劇を学んだ。
これから期待の俳優。

スポンサーリンク

 

海外ドラマサ行

この記事に関連する記事一覧