サラ・ジェシカ・パーカー ディボース

海外ドラママニアクス

サラ・ジェシカ・パーカー主演ディボースのキャスト、打ち切り情報、トリビアをまとめてみた。

読了までの目安時間:約 5分
ディボース

今後huluではHBOで放送されている番組を数多く、日本独占で放送するそうです。今回紹介するのは、sex and the cityのキャリー役でお馴染みのサラ・ジェシカ・パーカー主演のディボース(devorce)です。

ディボースのあらすじ

devorceとは結婚解消とか離婚という意味。ディボースはサラ・ジェシカ・パーカーが長年連れ添った相手ロバートとの離婚を考え始めた女性を演じます。いわゆる人生の岐路というやつでしょうか。番組冒頭で夫ロバートに突然離婚を切り出すも、結果的に自分の浮気がバレてしまい、逆に離婚を突きつけられるというドタバタ感満載のドラマである模様w
1話30分構成でジャンルとしてはコメディになってます。

スポンサードリンク


ディボース、打ち切り情報

本国でも放送開始したばかりなので継続の有無は不明ですが、とりあえずシーズン1は10話構成と言うのは決定済み。

 

ディボースのキャスト詳細(出演作など)

フランシス(サラ・ジェシカ・パーカー)

番組冒頭で夫であるロバートに離婚を切り出すフランシスを演じるのはsex and the cityでお馴染みのサラ・ジェシカ・パーカー。SATC以外では日本だとgleeでほんのちょっと見かけただけ(アメリカではちょいちょい出演はしてます)の彼女がどんな女性を演じてみせてくれますか。

ロバート(トーマス・ヘイデン・チャーチ)

フランシスにいきなり離婚を切り出され戸惑う夫ロバートを演じるのはトーマス・ヘイデン・チャーチ。スパイダーマン3に出演した悪役サンドマンを演じた人。サンドマン役では暗い顔してましたが、本来は笑顔の素敵な俳優さんですよ。

ディアンヌ(モリー・シャノン)

フランシスを助ける女友達の1人ディアンヌを演じるのは女優でコメディアンのモリー・シャノン。サタデーナイトライブでエミー賞にノミネートされたことも。SATCでサラと共演したこともあります。

ダラス(タリア・バルサム)

ディアンヌ同様、生活を立て直したいフランシスに協力する女友達の1人ダラスを演じるのはジョージ・クルーニーの元奥様、タリア・バルサム。ドラマは最近だとMAD MENのモナ役で出演してましたね。

ディボース出演者の私生活、スキャンダル、トリビア

フランシス役のサラ・ジェシカ・パーカーは2016年放映の映画ワイルドオーツにクリスタル役で出演予定だったが降板。デミ・ムーアが代わりに演じることになった。しかし、2013年には映画lovelaceでデミ・ムーアの体調不良により、サラが代わりに出演するという全く逆の出来事も(しかし、最終的にはサラのシーンは全部カット)。
ディアンヌ役のモリー・シャノンは4歳の時の交通事故で、当時34歳だった母親、3歳だった妹、25歳のいとこを失っている。モリーは1997年にシェリル・クロウのA Change Would Do You Goodのミュージックビデオに出演している。
ロバート役のトーマス・ヘイデン・チャーチは28歳になるまで俳優としての演技は行っていなかった。トーマスにはイギリス、ノルウェー、デンマーク、スコットランド、ドイツの血が流れている。

スポンサーリンク

 

海外ドラマタ行

この記事に関連する記事一覧