ホロウクラウン 嘆きの王冠 

海外ドラママニアクス

カンバーバッチ、ヒドルストンが英国王を熱演!ホロウクラウン嘆きの王冠詳細完全版!

読了までの目安時間:約 11分
hollow crown

ホロウクラウン嘆きの王冠はシェイクスピア没後400年記念の作品としてBBCが総力を結集して作り上げたテレビ映画シリーズである。日本ではhuluが配信している。綿密な歴史考証もさることながら、歴代英国王および物語を彩るキャストにも新旧の大物英国俳優が起用されていて、彼らの卓越した演技を満喫する事が出来る作品。トップギアではあれだけシブチンだったBBCも、お金を使おうと思えば使えるんだなぁというのがわかりましたw

とにかく見るからに力が入っている作品なので俳優のファンの方はもちろん、歴史好きな方にも勧めたい。

 

ホロウクラウン嘆きの王冠あらすじ

基本的にはこのブログは初めて見る人のためにあまりネタバレしないように気を付けて記事を書いていますので、それはホロウクラウンでも変わりません。ですから概略だけ。歴代英国王の頭上にある王冠が、どのようにして守られ、奪われ、巡り巡って行くかの物語。知略、計略、愛憎様々な感情渦巻く中、英国の名優たちが演じる歴代英国王の頭上を王冠が巡っていきます。

スポンサードリンク


ホロウクラウン嘆きの王冠、英国歴代王を演じるキャストの詳細

ホロウクラウンを彩る名優たちの概略をお伝えします。

リチャード2世(ベン・ウィショー)

歴代英国王の中で最高の美男子とされ栄華を極めるも、国外追放した親類(後のヘンリー4世)の裏切りにあい王の座を追われ、ロンドン塔で凄惨な死を遂げたリチャード2世を演じるのはベン・ウィショー。何というか最初はナヨナヨした感じで登場するし、ところどころ浮世離れした発言をするので「この王様大丈夫か?」と思って観ていたら案の定裏切らて王の座を追われてしまいました。ノーサンバランド許すまじ!でも、自らの手で後のヘンリー4世に王冠を渡すシーンは不気味かつ緊迫感があって迫真の演技でしたぁ。ロンドン塔でかつての臣民に石を浴びせられる姿、壮絶な最期、全部頭に残ってます。頭にこびりついたと言ったほうが良いか。最高です。ベン・ウィショー。ちなみにベンは007のQ役の人です!

ヘンリー4世(ジェレミー・アイアンズ)

リチャード2世から王位を奪ったヘンリー4世の晩年を演じるのはアカデミー賞俳優ジェレミー・アイアンズ!放蕩息子(後のヘンリー5世)に悩み厳しく接するも何だかんだ息子を信じてるんですよね。劇中では厳格ながら裏切りものたちを度々投降させようとしており、さすが王様の貫禄といった感じが出てました。ハル王子に王位を譲るくだりは圧巻の演技です。前述したようにアカデミー賞で主演男優賞(運命の逆転)を受賞しています。

ヘンリー5世(トム・ヒドルストン)

放蕩息子の皮を被り能ある鷹は爪を隠すを地で行くヘンリー5世を演じるのはトム・ヒドルストン。マイティ・ソーのロキ役でお馴染み。王子の頃はヒョロヒョロしてた感じでしたが、王様になったら渋くなった!いやぁ、イケメンは得だ!でも、時々すごい冷たい眼をしてゾクッとする。ヘンリー5世は私がホロウクラウンで大好きになったベン・ウィショーを、じゃなくてリチャード2世のためにチャペルを作ったり、涙を流したりしたそうで好感。ヘンリー5世のエピソードはフランスと英国の戦い。結末はネタバレしません。ただ1つ、フォルスタッフはむかつく!

ヘンリー6世(トム・スターリッジ)

幼くして王位を継いだヘンリー6世は英国がフランスに敗れたことにより、激動の時代を生きます。白薔薇派と赤薔薇派によるいわゆる薔薇戦争です。そんな激動の時代を治めるヘンリー6世を熱演するのはトム・スターリッジ。イギリス・ドイツ共作で日本でも上映されたパイレーツ・ラジオという映画に出演してるらしいですが、すいません、わかりません(汗)。しかし、この錚々たる面々の中で王を演じるということはイギリスでは期待されている俳優なのでしょう。

リチャード3世(ベネディクト・カンバーバッチ)

出てまいりましたー!シェークスピアによって英国王きっての 奸物として、最も腹黒い策略家として描かれているリチャード3世を演じるのはシャーロックでお馴染みのベネディクト・カンバーバッチ!リチャード3世のエピソードはカメラに向けた独白が多く、リチャード3世のサイコパス感なのか、カンバーバッチの演技への没入のなせる技かそれとも彼の顔の造形がそう感じさせるのか、とてもドス黒いものを感じます。とにかくリチャードは自分の欲のためであれば親族を亡き者にすることをまったく厭わないこともあって、リチャード3世のエピソードはかなり血なまぐさい内容になっています。

ホロウクラウンは王様以外にも素敵なキャストが!

ホロウクラウンには王様以外にも素敵な俳優が盛りだくさん!全ては語りきれないので、ちょこっとだけ。

ヨーク公エドワード・オブ・ノリッジ(トム・ヒューズ)

ちょうど少し前にthe gameというイギリスのスパイ物をaxnミステリーで観たんですが、そこで主役を演じていたトム・ヒューズがホロウクラウンにヨーク公エドワード・オブ・ノリッジ役で出演してました。リチャード2世のエピソードでしたが、「最後にお前何てことするねーん!」てことをしてくれちゃいます。ショックだ。とりあえずイギリス期待のイケメンです。ダニエル・クレイグのあとのボンド役で名前も上がるくらいイケメンです。

クイーン・マーガレット(ソフィー・オコネド)

カンバーバッチの左後ろで鎖かたびら着てる女性がクイーン・マーガレット。演じるのはソフィー・オコネド。ホテルルワンダでアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた人。ホロウクラウンでも10代〜50代までのマーガレットを1人でこなす演技力を見せつけます。特に歳とってからのマーガレットの演技が凄い(汗)。

ルイ11世(アンドリュー・スコット)

フランス国王ルイ11世を演じているのはモリアーティ、ではなくアンドリュー・スコット。シャーロックが出るならということで、モリアーティも出演してますので参考までに。

ホロウクラウン出演者の私生活やトリビアなど

リチャード2世を演じたベン・ウィショーは007でQ役を演じていますが、本人が好きなボンド映画はDr.Noとロシアより愛をこめてだそうです。彼の父方の祖父はドイツとロシアの系統だったが、第二次世界大戦中は英国のためにスパイをしていた。

 

ヘンリー4世を演じたジェレミー・アイアンズはガーデニングが趣味。料理は嫌い。元プレミアリーグのポーツマスFCのサポーターをしている(すっかり弱くなってしまったが)。アイルランドに城を所有している。

 

ヘンリー5世を演じたトム・ヒドルストンの現時点(2016/10/08)での恋人は歌手のテイラー・スイフトである。ケンブリッジ大学を優秀な成績で卒業。大学時代はラグビーをプレイしていたが、演技の道に進むため断念した。妹のエマ・ヒドルストンも女優である(ウルフ・ホールに出演してました)。フランス語、スペイン語、イタリア語、ギリシャ語、ラテン語を話す事が出来る。ピアノ、ギター、リュート、バイオリン、トランペットを演奏できる。マルチすぎる(汗)。

 

ヘンリー6世を演じたトム・スターリッジは英国以外にスコットランド、北アイルランド、およびアイルランドもルーツに持つ。

 

リチャード3世を演じたベネディクト・カンバーバッチはシャーロック撮影前に髪色を黒くするために髪染を使ったが、思惑通りの色にならずに緑がかった色になってしまった。しかし、そのままの色で撮影を続行した。香水はアニックグタールのオードムッシュを愛用している。チャリティのために自身で描いた絵などを提供している。いわゆるエクストリームスポーツ(スカイダイビング、熱気球、スキューバダイビング、スノーボード)を好んでいる。以前彼の女性ファンはカンバービッチと侮蔑的に呼ばれていたが、今ではカンバーコレクティブやカンバーピープルと呼ばれるようになった。

 

ヨーク公エドワード・オブ・ノリッジを演じたトム・ヒューズは父と隠れ家でバンド演奏をしている。多くの名優を輩出してきた王立演劇学校で演技を学んだ。

 

クイーン・マーガレットを演じたソフィー・オコネドはトム・ヒドルストンと同じくケンブリッジ大学の卒業生。さらにトム・ヒューズと同じく王立演劇学校で演技を学んだ。

スポンサーリンク

 

海外ドラマハ行

この記事に関連する記事一覧