メンタリストシーズン4

海外ドラママニアクス

メンタリストのシーズン4を突然まとめたくなった。

読了までの目安時間:約 3分

THE MENTALIST SEASON 4まとめ

カリフォルニア州の捜査局(略称 :CBI)の犯罪コンサルタントとして雇われているパトリック・ジェーンが主人公の刑事ドラマのシーズン4。シーズン3の最後パトリックとチームはレッド・ジョンの手先と思われる者を発見することができた。

スポンサードリンク


ただその衝撃の結果は、ヴァンペルト捜査官のフィアンセでCBIと事件捜査で協力していたFBIの男だった。自分と同僚、ボスの身に危険が及びヴァンペルト捜査官は自らフィアンセを撃ち殺すこととなった。そしてパトリックはレッド・ジョンと名乗る男と対面し、銃で撃ち殺す。

 

ただパトリックはその男はホンモノではないと思っていた。

 

大勢の目撃者がいる前で殺人犯となったパトリックだが、法廷で見事陪審員を
見方につけ無罪放免となる。ホンモノのレッド・ジョンを追う闘いがはじまるがそこにピンチが。パトリックを管理できなかったなどの責任を問われリズボン捜査官が職を失うことに。そして協力したチームの面々も飛ばされそうになる。

 

だがパトリックの計画でリズボンも無事復帰、チームも復帰した。そこにまた新しいチームのボスが登場。
新しいボスとは上手くやっていけそうな雰囲気だ。パトリックもお気に入り。そんな最中に連続殺人事件が起こる。

 

犯人は自分は有能で世間に認められたいと思っている人物のようだ。

 

パトリックは捜査に協力してもらっている学者の男を疑って何とか連続殺人を止めようとする。そのために敢えて学者とテレビ討論し、レッド・ジョンを馬鹿にしたようなことを言わせる。 世間的にも法廷でもレッド・ジョンはパトリックが殺したということになっているので、その学者はパトリックの思惑にはまってレッド・ジョンをののしるようなことを発言してしまう。すると学者はレッド・ジョンにらしき者に殺されてしまう。

 

殺人を犯した後にレッド・ジョンが必ず残すマークがあるのですぐにわかる。

 

そしてFBIのダーシー捜査官がレッド・ジョンは実は生きているのではないかと疑い始める。

パトリックは事実を隠そうといろいろと工作するが、レッド・ジョンの手口のようなたな殺人がまた起きてだんだん隠し切れないような状況になっていく。

 

ダーシー捜査官はパトリックが実はレッド・ジョンが手下なのではないかと疑い始め、捜査することになる!

さてパトリックはどうなってしまうのか?

スポンサーリンク

 

海外ドラママ行

この記事に関連する記事一覧