メジャークライム major crimes

海外ドラママニアクス

メジャークライム、打ち切り情報やキャストの詳細、出演者のトリビアをまとめてみた。

読了までの目安時間:約 14分
major crimes

メジャークライムはfoxチャンネルで放映している犯罪捜査物でクローザーのスピンオフになります。大好きなクローザーのスピンオフなので気合を入れて記事を書きました!クローザーもそうだけど、黒背景に白文字だけで主題歌も何もないオープニングがかっこいい!

 

メジャークライムあらすじ

ブレンダ(クローザーの主人公)からチームを引き継いだレイダー警部が重大犯罪課を率いて犯罪捜査を行います。他の捜査物と違うのは裁判を極力避けるため(費用がかさむ裁判を回避することでコストを抑えたいという署の意向)、司法取引による解決を目指すところ。いかにして自白を引き出し、司法取引に応じさせるかが見どころになります。

スポンサードリンク


メジャークライムとクローザーの違い

メジャークライムはクローザーと同じ重大犯罪課が舞台ですがいくつか違いがあります。まずリーダーがブレンダからレイダーに変わりました。チームのメンバーもガブリエルが去り、サイクスが加わっています。そして、クローザーではブレンダが自白を引き出すことがテーマでしたが、メジャークライムでは容疑者との取引を成立させることが目的になります。あとはポープやらテイラーやらの圧力が表向きは少なくなりましたw

 

メジャークライムの打ち切り情報

日本ではシーズン4の途中ですがアメリカではシーズン5を放映中です。絶好調なので当面は打ち切りは気にしないで良いと見た!

 

メジャークライム、キャスト詳細(出演作など)

シャロン・レイダー(メアリー・マクドネル)

ブレンダから重大犯罪課を引き継いだのは元内務調査官のレイダー警部。内務官としてクローザーに出演していた時はブレンダとソリが合わない感じでしたが、チームを引き継ぎます。そんなレイダー警部を演じるのはメアリー・マクドネル。ダンス・ウィズ・ウルブズでアカデミー助演女優賞に、パッション・フィッシュではアカデミー主演女優賞にそれぞれノミネートされています。行動がメチャクチャなwブレンダに比べると静かな切れ者という感じ。家族寄りな暖かさは内務調査官の時とは違うイメージです。

 

ルイ・プロベンザ(G・W・ベイリー)

離婚王ルイ・プロベンザを演じるのはG・W・ベイリー。今作では懲りずに婚約しますw捜査もサボろうサボろうとするし、実際そのせいで色々事件に巻き込まれるのですが、ベテランならではの洞察力でブレンダやレイダーの悩みにはいち早く気づき、気を回す面もあります。そんな愛すべきプロベンザを演じるのはG・W・ベイリー。主要な出演作はやはりクローザー。他では映画ポリスアカデミーなど。時任三郎や桃井かおりが出演している日本映画ハワイアンドリームにも出演したことがある。

 

アンディ・フリン(トニー・デニソン)

クローザーの時はなかなかブレンダを認めなかったフリンは今作ではブレンダと予想外の関係にwいったいどうなってしまうのか!?倒れたりしたのは契約でもめてると邪推wプロベンザとともにサボり癖から事件を大きくする傾向があるアンディ・フリンを演じるのはトニー・デニソン。1980年代最高の悪役と評されたクライムストーリーのレイ・ルカ役で名を馳せた。クリミナルマインドのシーズン1にSWATの隊長役で出てたりします。

 

マイク・タオ(マイケル・ポール・チャン)

チームのIT担当で説明がくどい、さらに刑事ドラマのプロデューサーを務めるなどマルチな才能を持つタオ警部補を演じるのはマイケル・ポール・チャン。色んなドラマに出てますが、ほとんど名前がチャンかチェンだw個性の強いチームの中では割と常識的に見えるキャラ。今作ではクローザーに比べて銃を構えるシーンが増えた気がします。しゃべり出すところをプロベンザに遮られるのはもはや様式美。

 

フリオ・サンチェス(レイモンド・クルス)

私が愛してやまないチャーミングなフリオ。死にかけたり、家族に不幸があったり、当初の女好きっぽいキャラがすっかり影を潜めてしまいましたが、それを補うほどカッコイイ!外見ではなく雰囲気がカッコイイ!そんなフリオ・サンチェスを演じるのはレイモンド・クルス。ブレイキング・バッドのトゥコ・サラマンカ役でゲスト出演した時はレイモンド・クルスの出演に箝口令が敷かれていたため、出演シーンではツイッターが大盛り上がりしたそうです。

 

エイミー・サイクス(キーラン・ジョバンニ)

今作から登場の女性刑事。長身で顔が小さくとても見映えがします。シーズン1では殴られて顔面ボコボコにされるという女性刑事ではなかなか見ることが出来ない事案が発生しましたが、それを乗り越えいまではチームに無くてはならない存在に。そんなエイミー・サイクスを演じるキーラン・ジョバンニはブロードウェイでヒュー・ジャックマンと共演するなど活躍の場を広げています。

 

バズ・ワトソン(フィリップ・P・キーン)

クローザー時代から現場のビデオ撮影を担当している技術官のバズですが、メジャークライムのシーズン4で変化があります。それは見てのお楽しみ。そんなバズを演じるフィリップ・P・キーンは俳優として5作品しか出演していない。しかも、うち2つはクローザーとメジャークライムだし。他の作品はプロベンザ役のG・W・ベイリーが犯人役やってるドラマと酷評されてる9分の短編ドラマ。ほぼこの番組の専属状態。

 

ラスティ・ベック(グレアム・パトリック・マーティン)

母親に捨てられ、体を売って生きてきた不遇の少年ラスティ。不遇の人生を生きてきましたが、シーズン3で大きな転機を迎えます。それはネタバレしないので、自分で確かめてください。厳しい人生を送ってきたラスティですが、根は良い子です。演じるのはグレアム・パトリック・マーティン。日本でちょこっと公開された隣の家の少女という映画やチャーリー・シーンのハーパー★ボーイズに出演してます。

 

モラレス博士(ジョナサン・デル・アルコ)

クローザーの途中からレギュラー化したモラレス博士は今作で出番を増やしています。かわいい顔してますがすでに50代、マジか(汗)。そんなモラレス博士を演じているジョナサン・デル・アルコはウルグアイ出身の俳優。Dollhouse、ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア、女検死医ジョーダン、NIP/TUCKなどにゲスト出演、あとかなり前になりますがアントニオ・バンデラスがハリウッドデビューを果たしたマンボキングス/わが心のマリアでアーマンド・アサンテが演じる主人公セサールの若い頃を演じています。

 

ラッセル・テイラー(ロバート・ゴセット)

クローザー時代に比べるとあまりムカつかなくなったwテイラーを演じるのはロバート・ゴセット。とにかくクローザーでのムカつきっぷりが印象強すぎ。でも、出世する人を嗅ぎつける嗅覚はスゴい。そんなテイラー副本部長を演じるのはロバート・ゴセット。ベテランなのでERとかNYPD BLUEとかちょこちょこ出演してるけど、主要作はやはりクローザーとメジャークライムかな〜。あと隣人は静かに笑うというサスペンス映画で主要キャラの1人カーバーを演じてますが、この映画は結末が後味悪い。

 

アンドレア・ホッブス(ケーテ・メイザー)

重大犯罪課の事件を担当している検事がアンドレア。クローザーではわりと無能(失礼)な印象でしたが、なんか有能になってるwその有能なアンドレア検事を演じるケーテ・メイザーは最近だとアメリカンスナイパーのヘラーマン役で出演してました。あとはメンタリストとかキャッスルとかにゲスト出演。わりと大きい役を日本で観ることが出来るのはメジャークライムくらいかもしれません。

 

メジャークライム出演者の私生活、トリビア

シャロン・レイダーを演じるメアリー・マクドネルは子供のころシンクロナイズドスイミングの選手だった。健康を保つためにまだ泳いでいる。彼女は1970年代からヴァネッサ・レッドグレイブ(映画「ジュリア」でアカデミー主演女優賞受賞)の熱烈なファンである。

 

ルイ・プロベンザ役のG・W・ベイリーは高校時代ジャニス・ジョップリンの同級生であった。アンダーカバーと言うドラマでフリン役のトニー・デニソン、タオ役のマイケル・ポール・チャンと共演をしているので、クローザーは2度目の共演になる。癌患者を支援する団体の元理事で現在はエグゼクティブプロデューサーを務めている。

 

アンディ・フリンを演じるトニー・デニソンはチェス大会プロモーター、バックギャモントーナメントプロモーター、生命保険の営業担当者、運転手、新聞の編集者、建設業など様々な職を経験し。そこから大学の学費を捻出していた。

 

マイク・タオ役のマイケル・ポール・チャンはドラマではおしゃべりな役柄だが、本来はとても物静かな人らしい。彼はいくつかのバンドでキーボードを担当していた。サンフランシスコ育ちの三世中国系アメリカ人。

 

フリオ・サンチェス役のレイモンド・クルスはオートバイいじりとオートバイに乗る事に情熱を傾けている。どういうわけか勇敢な戦士や肉体派刑事の訳が多い。

エイミー・サイクスを演じるキーラン・ジョバンニはロングヘアーのチワワを飼っている。ブロードウェイでの最初の役割はライオンキングだったらしい。

 

バズ・ワトソン役のフィリップ・P・キーンは4歳まで英語を話すことが出来なかった。パンナム航空が営業を停止するまで彼はフライトアテンダントを務めていた。彼はそのパンナム航空時代の思い出の品を収集している。

 

ラスティ・ベックを演じるグレアム・パトリック・マーティンはなりすましの偽アカウントから大量のツイートをされ、警察に被害届を出した。

 

モラレス博士役のジョナサン・デル・アルコは環境愛好家でスペイン語と英語を流暢に使いこなす。ファーストネームがフェルナンドであったことをツイッターで公表し驚かせた。

 

アンドレア・ホッブス役のケーテ・メイザーは匂いで買う本を決めているらしいw

スポンサーリンク

 

海外ドラママ行

この記事に関連する記事一覧