LIE TO ME

海外ドラママニアクス

LIE TO ME(嘘の瞬間)の感想。出演者情報やトリビアなど。

読了までの目安時間:約 3分

LINDAです。LIE TO ME(嘘の瞬間)をひととおり見たのでまとめてみました。

 

LIE TO ME(嘘の瞬間)まとめ

精神行動分析学者のカル・ライトマン博士が人の一瞬の表情や仕草から嘘を見破り、犯罪捜査やトラブルの解決の手助けをするということを描いたドラマ。あごをかく、両手を握りしめる、鼻にしわを寄せる、つばを飲み込むなどという時に、ライトマン博士は嘘をついていると見抜く。 嘘発見器よりも正確に読み取る。

スポンサードリンク



ライトマンはパートナーのジリアン・フォスターと共同経営する民間の研究所で部下とともにFBIや警察、法律事務所、企業や個人に依頼され調査を行っている。実在の精神行動分析学者であるポール・エクマンをモデルにしており実際にエクマンが体験したことが主人公カル・ライトマン博士の過去として描かれていり部分がある。

 

カル・ライトマン博士はイギリス人で、英語も米語ではなく完全にブリティッシュイングリッシュだ。

 

ドラマを観ていると、普段こんなに表情や仕草がつい出てしまっているのか?と気になり始める。

 

博士の早口なイギリス英語で迫られたら私も嘘を隠せないだろうな?と感心しながら観ている。一話完結型だがとても面白い。 シーズン1が一番面白い!

 

主演俳優ほか

ティム・ロス : カル・ライトマン役
代表作 1998年上映の映画『海の上のピアニスト』 で1900(ナインティーン・ハンドレッド)と呼ばれた男、主役を演じる。 どちらかというとテレビよりは映画の方が出演作品が多い。

 

トリビア イギリス ロンドン出身で、1995年公開の『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』では英国アカデミー賞助演男優賞を受賞、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。右腕には家名など5箇所にタトゥーをしているらしい。
2001年には特殊メイクで猿のボスを演じるため、『ハリー・ポッターと賢者の石』に出演のオファーがあったが断っている!ロスという苗字はドイツ系ユダヤ人の苗字だが、ティムはユダヤ人ではないらしい!
ケリー・ウィリアムズ : ジリアン・フォスター役
代表作 『ザ・プラクティスボストン弁護士ファイル』でリンジー・ドール役を演じるなど、いろいろなドラマで、あ、この人どこかで見たことあるというような女優である。

トリビア 女優シャノン・ウィルコックスと整形外科医ジョン・ウィリアムズの娘。13歳のときに両親は離婚。 1歳の誕生日よりも前にオムツのテレビコマーシャルに出演しており、子役として様々なコマーシャルに出演している。 ロサンジェルス出身で学校はビバリーヒルズ高校を卒業した。

スポンサーリンク

 

海外ドラマラ行

この記事に関連する記事一覧