トーマス・ギブソン ホッチナー 解雇

海外ドラママニアクス

【速報】ホッチナーは結局どうなった?クリミナルマインド12

読了までの目安時間:約 3分
criminalminds

クリミナルマインドを解雇されたアーロン・ホッチナーことトーマス・ギブソン。ついにクリミナルマインドシーズン12の第3話で番組から消えました。私の予想では何らかの事件に巻き込まれ殉職するのではないかと思っていましたが、

スポンサードリンク


結果的には”特別な任務”に就くためにBAUを一時的に去ることにしたようです。

 

ホッチナーBAUの去り方

今回のホッチナーの去り方は上手いですね。一時的に去ることにしたことで、まだホッチナー役のトーマス・ギブソン復帰の可能性がゼロではないとも受け取れます。番組は暴力沙汰のケジメとしてトーマス・ギブソンを解雇しましたが、トーマス・ギブソン側も強力な弁護団を組んで対抗。もしかしたら和解の道もあるのか?
また、仮に和解の道はなくホッチナーが戻ってこない場合も「一時的にBAUを離れる予定だったが、思いの外難航して戻ってこれない」という流れで不自然さはない。
さあ、はたしてどうなるか。

 

そもそもホッチナーとモーガンがいなくなったクリミナルマインドがこの先続けられる保証もないですが。

 

トーマス・ギブソン解雇の流れを復習しよう

アーロン・ホッチナー役のトーマス・ギブソンが解雇されるまでの流れと現在の状況を振り返ります。

 

①クリミナルマインドの脚本でホッチナーとプロデューサーに意見の相違があり激しい言い合い。

 

②いったんは収まるも、撮影現場にプロデューサーが通りかかった時にトーマス・ギブソンが蹴る(トーマス・ギブソンは狭い道を譲った時に脚が当たってしまった。蹴ってはいないと主張)。

 

③番組側はトーマス・ギブソンの2エピソードの謹慎を決定。

 

④謹慎のはずが解雇に変更。

 

⑤納得行かないトーマス・ギブソンが強力弁護団を集結させ裁判へ←イマココ。

 

ちなみにトーマス・ギブソンは以前瞬間湯沸かし器クラスでカウンセリングを受けたことがあり、被害を受けたというプロデューサーも女性を突き飛ばして停職処分を科されたけどがあるとかで双方に原因があること濃厚w

 

トーマス・ギブソンの性格

冷静沈着なホッチナーとは真逆で抑えのきかない瞬間湯沸かし器のような性格らしく、そういうクラスでカウンセリングを受けている。今回のプロデューサーを蹴り飛ばす容疑以前、モーガン役のシェマー・ムーアを突き飛ばそうとしたことも。

 

トーマス・ギブソンの出演料、私生活・トリビア

トーマス・ギブソンはゴルフ上手で知られている。実はトム・クルーズと誕生日が同じ。出演料は1エピソード当たり2000万円ともいわれているが、今回それを失う事に。

スポンサーリンク

 

海外ドラマ色々まとめ

この記事に関連する記事一覧