海外ドラマ おすすめ

海外ドラママニアクス

最近の投稿

アップし忘れの7月復習テスト結果

読了までの目安時間:約 3分

そういえば7月復習テスト結果アップしてませんでした(汗)。

いつものように自己採点をしてみました。

息子のお友達の成績も気になりながら、サピは周りよりもまずは己との戦いです。

息子は算数が得意なほうだったはずなのですが・・・

あれ? どうしたの?

出来てない~!?

結構間違えている?

わたしは算数が得意ではない母親なので、何が良くなかったのか

よくわかりませんが、がびーん!

息子はできなかったとは言ってなかったのに。

集中力がどこかへいってしまったか?

さては見直しを怠ったな?

これはまず解き直しをさせなければいけませんね。


理科はよくできていました。 国語もまあまあです。

社会は、、、まあいいか、、、OKレベル。

なんとなく全体的に丸くおさまっているか、、、

とにかく何が得意な算数の↓どかーんを起こさせたのかを追求しなければ。

ここは母の私が息子に気づかせるきっかけを与えてやらなければ・・・



今でもピアノを続けている息子。

先日12日(日)にもピアノの発表会がありました。 

練習は勉強もあるのでそこそこに・・・・

モーツアルトのトルコ行進曲を発表会で弾きました。

男子というのは、辞める理由がないと習い事も辞めない傾向があるようすね。

私自身は子供のころ小4にもなるとピアノも練習がだんだん面倒に

なってきてやめたくなったものですが、わが息子はまだがんばって練習もしています。

ピアノも趣味として弾くだけならいつでも再開できるし、そろそろサピに専念したほうがとい

うアドバイスも受けたりするのですが、息子はピアノも楽しんでいるし、親ばかですが

結構上手に弾くんですよ!

とはいえ、8月マンスリーテストも8月27日に控えているしねじを巻き巻きがんばらねば

なりませんね。

夏休みも後半に差し掛かり、学校の夏休みの宿題もありますが、果たしてちゃんとできて

いるのかしら?

こちらもねじを巻き巻き、自由研究はまだやっていなそうだから何かやらせないとですね。

ああ、親の私がパニくってきました!

さてさて、重い腰をあげるぞ!

 

サピックスで中学受験

そういえば8月マンスリー

読了までの目安時間:約 3分

8月マンスリーテスト

マンスリーテストとは、文字通り「1か月分」復習のテストです。

対策どうしようとか考えても、そもそも普段からサピの学習量が多いので

やっぱりひたすら復習していくしかないんですよね・・・。

本当なら普段からこつこつと・・・

でもまだそれがちゃんと出来ていないのが我が家。

子供は勉強するので手一杯なんだから、親がスケジュール管理してあげていないと駄目

なんですよね・・・。 

はぁ、日々これ反省。

誰に聞いても大事なのは、問題を解いたら丸つけをして、できていないところはきちんと

復習してつぶしておく!  そしてわが息子の弱点を知る!ということですねぇ・・・(汗)

夫は出来が良いと褒めて、「ほらやっぱり俺の息子だから!」と言うけれど、気楽なもので

ふだんの丸つけは私の仕事。 

母親の負担は大きいですよね~と愚痴っている場合じゃないですね。

これは皆さん悩んでいるところでしょうか・・・

さて、わが息子の弱点、、、ううむ。 月によってまちまちなのでなんとも言いがたいです

が、、、普段できるはずのところでミスしがち? あ、それはもしかしてピアノと一緒かし

ら? ピアノの発表会でも、意外とミスするところは普段できているところなんですよね。

でも子供とはすばらしく人前で緊張しない生物なのでしょうか。

気にもしないで何事もなかったように、すらーっと弾き終わっています。

下手にクラッシックをかじっている私のほうがヒヤヒヤ(汗)

話はそれましたが、普段ちゃんとできているところも、軽視しないで見直す!

それができたら完璧なのでしょうね・・・

できたら・・・

グチグチ言っている場合ではない、マンスリーテストまであと1週間ちょっとしかありません。

まずは、間違えたところをあらいざらいピックアップして、息子と一緒に復習に励みます。

忘れてはならない、息子が口にした「東大」 そもそも、これ我が家の中学受験の原点。

さて、原点に立ち返り、目標を見失わないで行きたいですねぇ・・・

今日も重い腰をあげて・・・ よいしょっ!

 

サピックスで中学受験

自覚

読了までの目安時間:約 2分

前回も書きましたとおり、まあ予想の範囲ではありました。
というか今冷静になってみてみれば、麻布が30%あったことに驚きを隠せません。

それにしてもまだ見方がよくわかっていないのですが、結構細かく偏差値を算出して、

合格の可能性を算出して、合格率50%を超えている学校に関してはこうだとかいろいろ書かれていたことにもびっくりしました。

いまどきは塾もいろいろと分析して工夫していますね。

私たちのころはこんなものはなかったなぁ・・・

進化しています。

今回ありがたいなと思ったのは、判定偏差値!

各校それぞれの特徴に見合った偏差値が算出されていることです。

A(客観的問題)とB(思考力問題)の配分とか、4教科の配分とか・・・



それをもって家族会議をした結果、まずは家族全員が慶應義塾中等部と

SFCを目指していくという自覚をもつこと!

やっぱりなんだかんだいって「自覚」がまだ足りていない!

親も、子供も、日々ひたすらそのときを通過してきただけ!

ゆるゆるすぎ!

まずは志望校を定めたのだから、その学校に入るために自分はがんばっているんだという自覚ですよ。

自覚と林先生の言っていた、姿勢!

勉強をする姿勢!

本当に姿勢を正してやっていこうということになりました。

もうなんだかんだいって小5も中盤に入ってきました。

もう後半戦です。

小6になればもっと現実味を帯びて今よりもっともっとハードになります。

健康第一で健康を守れているのはいいですが、自覚、姿勢、この言葉と志望校を

書初めのように習字で書き、部屋に貼りました!

貼るだけで満足するんじゃないぞ・・・とどこかから聞こえてきます。

では皆さんそろそろおやすみなさい。

 

サピックスで中学受験

志望校診断サピックスオープンにむけて

読了までの目安時間:約 3分

志望校診断サピックスオープンがやってきました~

あの、私が怖がっていた志望校コード表から10校まで選択した志望校についての適性を判定してくれるものです。

ただ良く考えてみればこういったテストは合否の可能性を把握してもらえるというだけでそれで合格できるわけでも、不合格になるわけでもありませんよね。

そこだけに着眼して怖がることもないのかな?と思うようになってきました。
ただ、問題が入試問題レベルなのですから、実践的ではありますし、難易度は高いわけですから備えていなければならないですよね~ 

そして私が過去に受けたような英検や、TOEICのようにパターンがあるわけではないので本当に鵜呑みにはできませんね。

とにかく、受験の雰囲気を味わえる貴重な機会、練習としてある意味気軽に受けてもらうとしましょう。

その失敗によって(失敗の前提だし~)どんなところを調整していったらいいのかをまた反省することにします。ちょっと事前に調べてみたところ、
点が取れないパターンには2つあるそうで、ただ単に学力が足りないので点が取れない場合と、問題が所見のものが多いので対応できないということがあるんだそう。

1も2も大いにありえそうだなぁ~
いずれにしてももう数日しかないのでまずは受けてもらって、、、
立て直しはそれからですね。

親がこんな感じで大丈夫なのかなぁ?

不安な日々です。

それでは皆さんおやすみなさい。

☆9-5.志望校診断オープン 結果
ははは・・(汗)結果がでました。 でちゃいました~

時が経つのは本当に早いですね。。。

こないだ受けたばかりでしょう! 容赦ない!!(笑)

笑い話じゃないんですけどね。



第一希望 慶応義塾中等部 50% 

第二希望 SFC   50%

自由選択1 麻布   30%

もうこれ以上無謀な志望校選択を公開できません・・・がくっ!

10校までという以外に選択に制限はなかったんですから・・・

さて結果に対し、、、本当に???

うちのたーぼーの今の現状で、50%とか本当にあるのかな? (そっちか?そっちよ・・・)

麻布40%もないでしょう?

いずれにしても、駄目なのは駄目なので、一目瞭然な学力の底上げと、初見の問題への対応力ですよね~ まさに・・・ っていうかそれしかない(汗)

だからって今から志望校のランク下げても仕方ないでしょう。

これから高みに上っていくのです~

現実を受け止めて(わかっていたけど)これからあがっていくの。

それしかないでしょう。。。

これからはサピックス対応だけではなく、実践の入試問題をどんどん解いていかないといけないですね。夫も帰ってきたのでこれから真剣に家族会議に入ります。

それでは皆さんおやすみなさい。

 

サピックスで中学受験

志望校会議

読了までの目安時間:約 3分

志望校どうするべ?

じゃじゃーーん! 志望校どうするべ会議をいたしました。

その結果・・・ 驚愕の共学?!

慶應義塾中等部、SFC 

ごめんなさい、前に塾の先生からちらっとSFCって言葉が出てきたときは、

私はSFC(?!?!)何の略??って感じでした。

念のため、湘南藤沢中等部のことです。

私自身、女子高に通っていたのですが、私としては女子高、男子校ってどうなの?って疑問に思いました。 お嬢様学校とか言われていましたけど、女だけが集ってお嬢様な行動なわけないし、、、お嬢様らしく育ちませんでしたし!

やっぱり自然に女子がいて、男子がいてっていう環境で子供には育って欲しいと思っています。たとえそれが勉強の妨げになるようなことがあっても(?)それはなんとか乗り越えて勉強も恋愛(?)もがんばってほしいと思っています。 人間として乗り切れ! 成長しろ!と願っています。



中等部は東京都の三田にあり、一方SFCは湘南と通学にすごい左右しますね(汗)

湘南になったらさすがに引越しを考えるかな・・・?

ちょっと通学が大変になります。 中高一貫校ですので、一時的に賃貸などを借りて引越しという選択肢が十分に考えられる・・・かな。



何はともあれたーぼーも首を縦にふり納得し、ほぼほぼ志望校はこの2つに絞ることになりました。(あくまで我が家の方針としては・・・)。しかし、東大と言っていたのは何だったのか・・・(遠い目)。



SFCのほうは募集人数が少し少ないですが、案外三田の中等部よりは激戦にならないのではないかな?・・・と甘いかな?



ちなみに中等部は一般男子募集は140名、SFCは一般枠が70名というくくりになっています。

SFCにひとたび入ってしまえばそのまま湘南の高等部に100%進学するということなので中学受験で苦労するかわりにそこは一貫校であるSFCも選択肢に入れたいのでした。



いずれにしても相当な努力が必要でしょう!

覚悟の上です!



たーぼー、がんばるぞーーーーーー!

えいえいおー!

ちょいと気になります。「サピックスで算数が急落して戻らない生徒にこそ見てほしいこと」

 

サピックスで中学受験

1 2 3 27